節約計画を立てよう

一人暮しの生活費を節約できれば、それだけ自由に使うことのできるお金が増える。

わかってはいるのですが、なかなか節約できないのが現実です。

「新しい服がほしい」、「海外旅行に行きたい!」など、学生生活を楽しくするイベントを実現させるためにも、節約生活始めてみませんか?

節約計画を立てよう

節約計画第一歩

しっかりした金銭感覚が節約の第一歩

学生が一人暮しで節約するための第一は、使えるお金をしっかりと意識すること。
一週間単位で、使えるお金をあらかじめ用意して、それ以上は絶対に使わない、持ち歩かないようにしましょう。

ATMを使う時のポイント

ATMでお金を下ろす時は、必要な額以外は下ろさないこと。
「もしかしたら、必要になるかも」と思って引き出したお金は、たいていの場合「もしかして」以外の用途に使われてしまいます。
大きな買い物をするとき以外は、財布の中にお札を入れないなどの方法も効果的です。

貯金用の口座を作ろう

生活費用の口座にたくさんお金が入っていると(マンションなど家賃に使うお金なども含まれているのに)、ついつい気が大きくなって使いすぎてしまう、という学生さんも少なくないのでは?
貯金をする場合は、貯金専用の口座を作って仕送りやアルバイトのお金が入ったときにすぐ振り込みましょう。
ポイントは、目標金額に達するまで絶対におろさないこと。

節約の鉄則

心はいつもストイックに

節約生活の敵は、欲望。「おいしいものが食べたい」、「かっこいい服が着たい」などという欲望を抑えられるかどうかで節約生活の成果は大きく変わってきます。

衝動買いはしない

大学の購買に売っているお菓子やドラッグストアのコスメなど、安いのでついつい手が伸びてしまうアイテム。一つひとつは安いのですが、毎日積み重ねると大変な金額になってしまいます。
物を買うときは、手に取る前に本当にほしいのか考えてみましょう。

消費ベースから、貯金ベースにシフトする

お金に関する考え方を変えましょう。ほしいものを数えて、貯金できる金額を割り出すのではなく、貯金できる金額の残りから買えるものを選ぶようにすること。

腹八分目をキープ

節約するうえで、工夫次第で大きな効果が見込めるのが食事。
毎日おなかいっぱい食べすぎてしまうと、満腹を感じる量が多くなり当然、食費もかさむことに。
常に腹八分目をキープしておくことが大切です。生活費だけでなく、体重も節約できるかもしれませんよ。

たまにはご褒美も

毎日「節約、節約」では、せっかくの学生生活が楽しくなくなってしまいます。
目標を定めて、「○○円たまったら焼き肉パーティー」など自分にご褒美をあげながら、節約を楽しめる環境を作りましょう。

pagetop
  • トップへ戻る
  • 大学生のお財布事情
  • 大学生とアルバイト
  • 節約計画を立てよう
  • ちょっとお得な節約方法
  • 大学生版!賢い家計簿の付け方