大学生版!賢い家計簿の付け方

節約といえば、家計簿。学生の皆さん、「家計簿はお母さんがつけるもの」と思っていませんか?一人暮しの学生さんも、自分一人とはいえしっかり家計を預かる主なのですから、家計簿をつけたってちっともおかしくないんです。

自分がどれくらいお金を使っているかきっちりわかる、大学生版の家計簿の付け方をご紹介します。

大学生版!賢い家計簿の付け方

家計簿の種類

家計簿専用のノートでないと、家計簿は付けられないと思っている学生さんはいませんか?
専用のノートでなくても家計簿は簡単に作れるんです。

家計簿に使えるもの

  • 大学ノート(罫線が引いてあればどんなノートでもOK)
  • パソコン(Excelなどを利用、ネット上にも家計簿用のソフトが無料で公開されている)
  • 携帯ゲーム機(専用のソフトが販売されている)

実際に家計簿をつけてみよう

月の初めにやっておくこと

まずは、ひと月でどれくらいのお金が入ってきているのかをチェック。この金額がひと月の基本金額となります。 ノートなどの一番上に記入しましょう。

使うお金のカテゴリーを作る

自分がどんな名目のお金を使うのかを把握しましょう。
例えば

  • 家賃
  • 公共料金
  • 食費
  • 友達づきあい
  • 携帯
  • 趣味
  • サークル
  • デート

など、お金の使い道をカテゴリー分けしてみましょう。

固定費を記載

固定費とは家賃など、毎月一定の金額が出ていくもののこと。
このとき固定費として、ひと月の貯金額を引いてしまってもいいかもしれません。

公共料金は大体の金額でOK

電気・ガス・水道は毎月変わるもの。
でも実際は請求が来るまで値段はわからないものですよね。
こうした公共料金は、概算でOK。翌月のものを参考に、ちょっと多めに記載しておきましょう。

公共料金は大体の金額でOK

電気・ガス・水道は毎月変わるもの。
でも実際は請求が来るまで値段はわからないものですよね。
こうした公共料金は、概算でOK。翌月のものを参考に、ちょっと多めに記載しておきましょう。

一日の終わりにやっておくこと

今日一日で使ったお金を記載しよう

家に帰ったら、一日に使った金額を家計簿に記入しよう。
この時、月の初めに決めたカテゴリーに合わせて書き込んでいこう。お店のレシートを取っていると便利。 1円単位まで厳密に計算しようとする必要はありません。100円単位くらいで大まかな出費を書いていきましょう。

一日の反省点も書いておこう

ノートの余白に、一日の感想を書いておこう。 「つい買い食いしすぎてしまった」「飲みすぎちゃった」 など、使いすぎの原因を書いておくと後から見直しやすくなる。

ひと月の終わりに

収支の分析を使用

一カ月分の家計簿をつけ終わったら、一ヶ月間の自分の行動を見直そう。 どのカテゴリーの金額が多いのかが分ると、次の月の節約のめどが立つ。 また、トータルで赤字になっているようなら、「なぜ赤字になったのか」 生活費をうまく節約できていたら、「どこで頑張れたのかを」 書きためておいた反省点を見ながら分析しよう。

お金が余ったら?

黒字で生活費が余ったら貯金しておこう。 毎月お金が少しずつ貯まっていくことで、自分のモチベーションも向上する。 目標額までお金を貯めることができたら、自分にご褒美を買ってもいい。

pagetop
  • トップへ戻る
  • 大学生のお財布事情
  • 大学生とアルバイト
  • 節約計画を立てよう
  • ちょっとお得な節約方法
  • 大学生版!賢い家計簿の付け方